FC2ブログ

somnium

個人サークルHP兼活動の告知・報告です

2019-10-28-Mon-20:47

M3お疲れさまでした


2019年秋M3、参加の皆様お疲れ様でした!
そして、わたしの初めての個人作品、『ヴァルツシュタルツの魔女』を手に取ってくださった方、本当にありがとうございます
不在の時にも何名か買って下さったそうで、何名かはわたしも自分で対応致しましたが、本当にうれしかったです!

感想とかダメとか考察なんかをいただけますと、とっても嬉しいです…!

一足お先に、DL版のみboothにて販売を開始いたしました
somnium(booth)

後日、現物のほうも登録させていただきます(明日在庫が戦利品と一緒に帰ってきますので、そうしたら追加いたします)




そして今回ゲストに参加してくださった、大瀬良あいさん・K-Arrasさん、kooridoriさん、溝口ゆうまさん、陽介神父さん、Lideaさん
本当にありがとうございました
皆様のおかげで作品を無事に出すことができ、また素敵な作品に仕上げて下さいました!
そして当日売り子をしてくれた友人と、kooridoriさん、本当にありがとうございました試聴用にCD持っていくついでにコンビニ行く予定がCD忘れて手間になってごめんなさいあと、こおり鳥さんすぐに挨拶に行くと勝手に思ってたんで友人残して行ったんです(言い訳)



さて
今回の作品の『ヴァルツシュタルツの魔女』ですが、オリジナルファンタジーと謳っていますが、直接的なファンタジー表現は一切使っておりません
これはファンタジー詐欺ではなく、フィーナちゃんが本当に魔女なのかそうじゃないのか、本当に人知を超えた力が関わったのかそうではなかったのか
CDを聞いて、聞いてくださった方に想像してほしいなーと思ったため、直接的な表現はしていません

魔女、とは言っていますし、作中にも魔女と悪魔は出てくるのですけれども魔女と悪魔に当たる人物がどんな人物なのかも全く入れていません、魔法を使うでもいいし、使わない中世キリスト教の魔女狩りをイメージしてもよし!
わたし個人から公式の世界設定という解答はいたしませんのでお好きに想像してくださいませ~




曲のお話をば

Tr.1 セカイに色は満ち溢れ
こちら、最初は自分で歌う予定だったんですが、(最初は生に呪いを死に祝福を、のほうをLideaさんにダブルボーカルの片割れとしてやってもらう予定でいました)わたしじゃ可愛くねえ、なんだか始まりの明るい曲なのに内容がちょっとやや暗い不穏な感じが出ない
そうだ、Lideaさんこっちにしてアルバムをはじめてもらおう!
で、この1曲目をお願いいたしました
なぜかわたしの手から生み出されたこのポップス、だいたい1時間くらいで曲の形が出来上がったという、今思うと謎の速度で生まれ堕ちた曲です(そこから完成は時間かかりましたけど…)
ひそかにEDM系のベースを入れつつ、ストリングスとピアノと、あとはこの曲はアルペジオをフルートがやっています
ポップスのくせして楽器系をふんだんに使用し、明るめの曲なのになぜか盛り上がらない、やや不穏っぽい感じもする、この『ヴァルツシュタルツの魔女』の始まりとしても非常にいいものが出来上がって…!
ボーカル音源が来た時も一人で発狂して「はーーーーーーーーーーーこれこれーーーーーーー!!!!」とか言ってたのも懐かしい話です…


Tr.2 Never Ending
相棒からすさんに曲の依頼をしました!
確か「明るい曲!」とだけ指定した記憶があります
実はこっちが始まりのTr.1になる予定だったんですが(本当のTr.1を没にしたので)、自分がなんかいい感じのポップスを仕上げてたのと、いい感じにからすさんの曲がアニメのエンディングっぽかったんでこっちを「うおおおおおおおーーーー!!!!いいエンディングだああああああ!!!」と言いながら作詞して歌いました
しいて言うなら音程が低くて声がのびなかったのがだめでしたね…低音、綺麗にでるようになりたいです…
あまりにもエンディングっぽく、さらにここから不穏になっていくので精いっぱい明るい歌詞を書かせていただきました
Never Endingとか言いながら、明るいファンタジー所望の方はここでエンディングですという気持ちで、悪い顔して作っていました

あと、サビの部分にオクターブ上げの音が入っているのはわたしの独断です、勝手にやりました



Tr.3 ある騎士の手記
男性が欲しかったんです!!!!
そのため、イノキー時代から知っていた隠居中の陽介神父さんを引っ張り出してきてお願いいたしました、あのハスキーな声が!とても素敵だったので!
快く受けていただきました本当にありがとうございました
そしてこの曲、最初は頑張って作ってたし、ダブステな感じにする予定で今よりずっとBPM下だったんですが、どうしてもかっこよくならないし、騎士の感じが全く出なくて、
空烏創音でもメンバーとしてアレンジしてくれているkooridoriさんに「いつもの感じでお願いします!」と結構な無茶ぶりでアレンジ依頼をしました、結果最高に「これえええええええええええええ!!!!この感じいいいいいいいいいいいいいい!!」とやっぱり発狂しながら造語を作りました
ブックレットには日本語訳あります通り、内容は本当に単純です
あと最後の方のサビ、ボーカルが入っていませんがミスではありません
こちらボーナストラックの聖女の放つ正義の方、対になっております
これだけ解説してしまいますと、

ある騎士の手記…教会より魔女狩りのために向かう【洗脳された】騎士の曲
聖女の放つ正義…教会で魔女狩りを提唱しトップに立っている【聖女】による洗脳

です

あと一個本当に大事なことなんですけど、ハスキーで高めの声だって知ってましたけど、
まさかあのキーを、オクターブ下げずに出してくるとは思わなかったです神父さんすごい!!!!!!!


Tr.4 生に呪いを死に祝福を
Session Stringsの初仕事なんじゃーーーと、ピアノバラードなストリングス曲です
ぺダルやらなにやら何もいじらずベタ打ちのピアノなのですが、冷たい雰囲気を出したかったのであえて全てベタ打ちでやってます
こちら、大瀬良あいさんとツインボーカルでやりました!
あいお姉ちゃんが魔女のフィーナ、わたしがただの無力な少女フィーナです

全く違うタイプのボーカル二人でやる、というのだけ決めてできました
実はモチーフの曲があるのですが…結構わかりやすいのでわかった人いると思いますがあえて何かは言いません
とにかくあいお姉ちゃんが上手で、それを聞きながら長さだったりを合わせて収録し、あいお姉ちゃんがしっかりした声なのでわたしは息を多めにしたり…
とにかく収録もバランスを見て、ミックスも一番微調整をかけまくりましたお気に入りの1曲です
一番、場面が想像しやすい、割と直接的な表現で歌詞を書いています、歌詞の通りお兄ちゃんも、外に出る勇気をくれた友達(男の子)も、母親も殺されてた後、一人になったフィーナの歌です


Tr.5 絶唱オラトリオ
初めては自分の大好きな人にお願いして、大好きなものを作ろうと決めていて、わたしの大好きすぎる溝口ゆうまさんにお願いして書いてもらいました…!
幸せです…とりあえず、女の子が絶望して世界を滅ぼす感じにしてくださいって言った気がしなくもないです
大好きな人の曲を歌って自分の好きなCDをだす…夢が、かないました…!
この曲は完全に全て遠回りの比ゆ的表現を使っていて、一言もフィーナが呪術的な力を使ったとも言っていなければ、フィーナの身に起こった話にも聞こえるように書いてい…る、はずです
ただ確実なのは、フィーナが全てを憎んで呪詛のような言葉を口にした、ということだけは真実です
とにかくゆうまさんの曲だ、と練習しまくりどうやろうかなかなか固まらずにテイクもとにかく重ねまくった1曲です、個人的一番うまく歌えました!
本当にゆうまさん、ありがとうございました!


Tr.6 ヴァルツシュタルツの魔女
実は1年前に出来た曲で、コントラバスを差し替えた以外は1年前に出来たまま収録しています
あえてストリングスはいじれないハリオンの初期音源を使ったのが逆に気に入ってます
そして造語コーラスの入っているこの曲、詫び音源にフィーナの日記という曲でコーラスのみを収録いたしましたが、ブックレットに日本語訳のほう載せてあります
前の曲でフィーナの吐いていた呪詛、恨み言が造語になっています
最初は造語コーラスではなくて2ndボーカルだったんですが、ミックスができる自信がなく、ヒュムノス的なものもいつかやりたいと思っていたので、思い切って造語コーラスを入れました、数は6本
これ以上は限界だと思いまずは軽めの量ですが…
さらにいい雰囲気になっていて、この曲に全てがつまっています


それからジャケットはMAKIさんに是非お願いしたくてお願いしました
雑なラフからあんなに素敵なイラストになるなんて…神絵師すげぇってなってます、ホントにお気に入りのジャケットです
デザインもLideaさんが素敵にやってくださって…本当に、1枚目から素敵な作品が作れて幸せです

関わってくださったかた、本当にありがとうございました



次回ですが、来年の秋のM3に和風ファンタジーから変更しまして女の子と刀をコンセプトにしたアルバムを出そうと思いますので、スペースもらえてアルバムが出来ましたらよろしくお願いいたします


somnium代表 あさくらかずね
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME